足裏に出来るイボの種類|黒いイボとは?

MENU

足の裏にできるイボの種類は何?

足の裏にできるイボの種類は、ほとんどがウィルス性のものです。
やや白っぽい色をしていて、数ミリ程度の平たい形をしていることが多いです。
表面がややザラザラしています。
魚の目と間違われることが多いですが、魚の目を取る時のように削って取るのは避けましょう。
ウィルス性の足イボは感染する恐れがあるからです。
傷口がある場所に入り込んで感染するため、削って傷つけた皮膚から感染を広げてしまう可能性があります。

 

魚の目と見分けるには、中心部分を押してみるとわかります。
魚の目だと神経を圧迫しているので、痛みを感じますが、足イボの場合はあまり痛みはありません。
他に足の裏にできる種類としては、水イボがあります。
こちらも感染性のもので、数ミリ〜5ミリ程度の小さい丘疹ができます。

 

これは子供がかかりやすい種類です。
どちらもイボではありますが、感染しているウィルスが違い、症状や治療方法も異なります。
まずは感染を防ぐために素足で歩くのを避け、患部に絆創膏を貼るなどして感染を広げないようにしましょう。
足イボが出来たら、まずは皮膚科で治療を受けることをおすすめします。

 

 

足の黒いイボはウィルスが原因?

イボは身体のあらゆる場所に出来ます。
出来る場所によって、生活に支障が出ることもあるため早めにどうにかしたいものです。
特に足裏のイボは、歩行にも影響してしまいます。
足裏のイボはほとんどの場合、痛みやかゆみなどありませんが、体重がかかるためイボが皮膚にのめり込んでしまい、立ったり歩いたりしたときに痛み出します。

 

つまり、歩くたびに魚の目と変わらぬ痛みがあるのです。
足裏にイボが出来た場合、早めに皮膚科に行くと良いでしょう。
足裏のイボの多くは、足底疣贅(ていそくゆうぜい)というウイルス感染が原因です。
小さな傷口があるとそこから「ヒトパピローマウイルス」というウイルスに感染することで起こります。
灰色や茶色、または黒い色をしていて、表面がボコボコしていますので、魚の目やタコとの区別は簡単です。

 

表面に血管の断端さえ見えます。
また、他のイボと違いウィルス性なので自分で切り取っても直りません。
皮膚科では、マイナス196℃の液体窒素を押し付けて焼いて除去する「冷凍凝固法」や、レーザー光線や電気メスで焼き切る「レーザー療法」「電気外科的治療」などの治療を行います。
黒いイボは、ほくろのように良性のものもあれば、悪性のものもあるので、医療機関を受診しましょう。

 

 

ドライアイスで取れるの?

足裏のイボにドライアイスを用いる方法があります。
ドライアイスはマイナス79℃、液体窒素はマイナス196℃でかなり温度が違いますが、原理としては同じように足イボに押し当てて焼くことができます。

 

ドライアイスを利用する場合、液体窒素を当てて凍結療法をした時と同じような状態になるのだとか。
ただし色はすぐに戻るらしいです。
実際に足裏のイボにドライアイスを使って治療している皮膚科もあります。
ドライアイスで治療する場合は、色々なことに気をつけていくということがありますね。
ドライアイスを正常な皮膚につけてしまうということは、正常な皮膚細胞を死滅させてしまうようなことらしいです。
イボにドライアイスを当てるのは痛みを伴い、周りの皮膚を傷つける恐れもあるため、基本的に医療機関で治療することをおすすめします。

 

こんな感じで、色々な方法で足裏のイボに対する対処法があるということですね。とにもかくにも、まずは情報を集めていっていくということが大事であるということです。
もしかすると、あなたが知らない方法を知ることができるかもしれませんし、そういう解決法を見つけることで良いことがあるかもしれませんからね。

 

 

イボに関わるウェブサイト

足のイボ以外にも、色々な部位にイボはできてしまいます。
イボの原因によっては、対策が取りやすいものもあったりするんですね。
でも、特に顔にイボができた場合などは、気になりますよね。
やはり、顔などは目立ちますので、どう対応するのかが大切です。
まずはこちらのサイトで情報収集をしてみてください。色々なことがわかってくるかと思います。
顔にイボがたくさん出来た時の対処は?